▲ 上へ

2019/8/25 09:24 やきとん やきとん

チャートから見るビットコインの歴史 2014年(マウントゴックス閉鎖など)

前回の記事はこちらのリンクから!!

 

 

 

2013年は12月に年初から70倍以上も価格が上昇するという急激な変化を見せました。

 

 

 

2014年は果たしてどのように値段が動いたのか、、、

まずはチャートを見ていただきましょう!!

 

 

 

 

縦軸の単位はドルとなっています。

 

2014年は年間を通して下落傾向にあるように見えます。

2013年の急上昇の反動なのでしょうか?

また、2014年に何かあったのでしょうか?

 

 

 

 

 

2014年は主な出来事として以下の3つがありました。

①2/24   マウントゴックス閉鎖

②6/13   一つのマイニングプールのハッシュレートが51%を超える

③12/11 マイクロソフトがビットコインの決済を開始する

これを先程にグラフに照らすと以下のようになります。

 

 

 

 

 

 

①について


多額のビットコインが消失してしまったことにより、マウントゴックス社は全取引を中止して、数時間後にはサイトを消去したそうです。

 

 

消失の原因はハッカーによる盗難、社長による横領など様々な意見がありましたが、結局はっきりとした原因はわかりませんでした。

 

 

 

②について

 

Ghash.ioというマイニングプールのハッシュレートが51%を超えたため51%攻撃のリスクが高まりました。

 

 

51%攻撃についてはSiitakaさんの

クリプトギャル「第5話 ブロックチェーンって?」

クリプトギャル「第6話 マイニングとPOWって?」

クリプトギャル「第7話 51%攻撃!?ビットコインが乗っ取られる!?」

を読んでいただければイメージしやすいかと思います。

 

 

 

 

③について

 

アメリカのマイクロソフト社がビットコイン決済を開始しました。

 

あのマイクロソフトがビットコイン決済を2014年に開始したのはさすがだと思います。

 

 

 

 

まとめ

2014年はマウントゴックス閉鎖が大きなニュースではあったものの大暴落するというようなことはなかったように感じます。

しかしながら、ビットコインの価格は下降気味で年末の価格は年初の50%まで下がってしまいました。

 

 

 

さて2015年はどうなるでしょうか、、、

 

 

 

2015に続く...

 

 

 

 

この記事を気に入った方はぜひ以下もクリックしていただけると嬉しいです!!


ビットコインランキング

 

LIKE-ON 20

ログインすると投稿やコメントが行えます。





よく読まれている記事 (過去1週間)

2019/09/15 12:18

2019/09/15 15:36

9

2019/09/14 22:31

9

2019/09/15 22:04

8

2019/09/16 15:27

8

2019/09/17 14:56



Logo
FAQ