▲ 上へ

2019/12/4 18:16 Taka_ya Taka_ya

中国の流行語大賞第2位に「ブロックチェーン」

中国の有力文芸誌「咬文嚼字(こうぶんしゃくじ)」が、2019年の流行語トップ10を発表しました。
その中で、第2位に「ブロックチェーン」が選ばれました。

参照:Coinpost
https://coinpost.jp/?p=120793


「ブロックチェーン」という言葉は、11月に習近平国家主席が国策として推進をする発言したことが発端となり流行したものと思われます。
先日には中国で仮想通貨取引所を運営するOKグループが政府のブロックチェーン事業に約150億円を出資することが発表されたばかりであり、この分野に対する人々の関心の高まりは強いものと思われます。


ちなみに、日本の流行語大賞第1位は「ONE TEAM」。
その他トップ10は「◯◯ペイ」「令和」「タピる」「計画運休」「軽減税率」「スマイリングシンデレラ/しぶこ」「免許返納」「闇営業」「♯KuToo」などで、仮想通貨やブロックチェーンに直接関係する用語はありませんでした。
日本では、仮想通貨よりも、リスクの無い「◯◯ペイ」のほうに関心のウエイトが高まっているのでしょうか?

 

 

 

LIKE-OFF 13

  • 1タ.ロコ タ.ロコ

    2019/12/04 20:40

    ◯◯ペイ色々あって面倒ですが、自分の中では一番目にします!
    便利ですが、使い分けが(^_^;)
    仮想通貨ペイで全世界統一してくれたらいいなーと思ってます!

  • 2マツ マツ

    2019/12/04 21:51

    ○○ペイすごい浸透しましたもんね(^^)
    中国は仮想通貨の規制緩めてくれないかなぁ

  • 3michikusa michikusa

    2019/12/04 22:51

    今後の仮想通貨は中国次第ですね

  • 4よっし よっし

    2019/12/05 09:19

    中国は人々の仮想通貨投資に対する関心が高いが国家が禁止していて、日本は禁止はされていないが人々の投資熱が冷めた状態なのか。
    うまくいかないですね。

  • 5由希 由希

    2019/12/05 11:57

    中国でも流行語大賞みたいなのをやってるんですね~
    香港デモとかもキーワードに上がってるのか気になってみたんですけど、そういうのは多分忖度されてるんですよね~^^

ログインすると投稿やコメントが行えます。





よく読まれている記事 (過去1週間)

4

2020/01/25 09:42



Logo
FAQ