▲ 上へ

2020/2/12 08:30 あっく あっく

CP獲得のコツ〜Googleで検索されるために〜

ラッフル時に付与されるCPは、ざっくりと、

・直近一週間のサイト内活動

・過去3ヶ月のGoogle検索数

から、クリプトメイトへの貢献度を相対評価で割り出した結果を元にしていて、最近はGoogle検索数が伸びないとCPを稼ぐのが難しくなっています。

 

今後、過去3ヶ月間のGoogle検索数に加え、「訪問したユーザーの数」も評価対象に入れようと考えていますが、その話は別の機会に譲るとして、

本記事では、タイトルにも書いた「Googleで検索されるコツ」について、実例を交えてご紹介します。

 

Google検索数の多い利用者

2/9(日)のラッフル時に集計されたユーザー毎のGoogle検索数上位は次のような結果でした。

 

左が利用者のIDで、右が過去3か月間の検索数です。

分かりやすくすると、次のようになります。

No 利用者 検索数
1 Taka_ya 1943
2 損失系仮想通貨ブロガー@びぎん 500
3 dotstyle 380
4 jie1104 361

 

上位4名の方が投稿している記事には、

タイトルが比較的長く固有名詞が含まれ、

独自の切り口で、

様々なテーマの記事を書いている。

などの特徴があり、これら全て、Google検索に結びつく条件になっています。

 

特に、トップアフィリエイターとしてのキャリアを持つTaka_yaさんの検索数は圧倒的です。

この結果は偶然ではありませんので、今以上にCPを稼ぎたい方は、Taka_yaさんの記事を分析して、自分の記事に取り入れてみることをお勧めします。

 

・・と言っても簡単なことではないと思うので、ここ数ヶ月で一番検索された記事を元に、私からも検索数を伸ばすコツを紹介します。

 

モグコインに関する記事から学ぶ検索数を伸ばすコツ

ここ数ヶ月で最も検索された記事は、こちらのモグコインに関する記事でした。

 

モグコイン(MOGU)とPLANETの2019年最新情報 上場先・ロック解除など

 

seoチェキなどで検索順位を調べると、「モグコイン」という単一キーワードだけでも上位に食い込んでいることがわかります。

 

Taka_yaさんに、こちらの記事を書いた経緯を確認したところ、

モグコインは、以前に仮想通貨系ユーチューバーが盛んに宣伝をして日本人がかなりICOに参加したコインですが、その後話題として取り上げているサイトが少なかったのでクリプトメイトに書いてみました。モグコインの最新情報を欲しがっている日本人は多いと思います。

とのことでした。

 

「情報が少なくて困ってる日本人も多いだろう」ということで、自分よがりではなく、読者のためのお役立ち情報だとわかります。

また、国内でニーズがあるにも関わらず、取り上げているサイトが少ない ため、ライバルが比較的少なく、検索で上位表示され、良く読まれているわけですね。

 

まとめ

今回の記事は、Taka_yaさんに許可を取って、紹介させて頂きました。

Taka_yaさんからすると、検索数を増やすための手の内を明かすようなものなので、クリプトメイト内でCP獲得を目指す狙うライバルが増えると、自身の獲得CPの低下を招いてしまいます。

それでも、「クリプトメイトにプラスになるのでしたら紹介して良いです」と快諾して頂きましたので、皆さんにも共有させて頂きました。

 

Taka_yaさんの「モグコイン」のテーマ選びは、私も絶妙だと思いました。

国内で有名な仮想通貨をネタにすると、ライバルが多すぎるので、よっぽどニッチであったり複合的なキーワードで検索されない限り、検索で上位表示されることはまずありません。

逆に、ライバルが少なすぎるニッチなテーマを書くと、検索数(母数)そのものが少ないために、こちらも読まれる可能性は低くなります。

(検索順位の画像では、単一キーワードで調べた例ですが、複数のキーワードで検索されることがほとんどです)

 

また、クリプトメイトで同じテーマの記事が複数人によって書かれた場合、Google検索で上位表示されるのはそのうちの1つなので、クリプトメイトで他の人と記事(テーマ)が被らないことも、検索数アップのコツだったりします。

 

・需要があってライバルが少ない

・独自の切り口で書いている

・クリプトメイトで他の人が取り上げていない

 

この辺りが検索数(=CP数)を増やすコツと言えるでしょう。

 

「自分で調べたり独自の切り口で紹介するなんて難しい」と感じる方は、仮想通貨関連のニュースや他の人の記事、動画などについての感想を自分なりの言葉で書くのも効果的です(記事の転載はNGですが情報源を乗せた方が良いです)。

 

CP獲得を目指す方は、ぜひ参考にして頂ければと思います。

 

最後に

今月、クリプトメイトを改良していきます。

スレッドやクエストを廃止し、新たに「ジャンル」を設けるなど、少し大きな変更です。

運用は止めずに、少しずつ手を加えていきます。

なるべく影響がないように作業しますが、記事を投稿する際は、こまめに下書き保存しながら行うことをお勧めします。

下書き保存=表示設定にチェックを外して「保存」です。

 

 

 

 

LIKE-OFF 20

  • 1損失系仮想通貨ブロガー@びぎん 損失系仮想通貨ブロガー@びぎん

    2020/02/12 10:06

    有益な内容の記事、ありがとうございます。
    今後の更新時の参考になります!

    気付けば2位に入ってる!( ´艸`)
    そんなに記事更新していないのに、嬉しいです(/・ω・)/
    自分の場合、もっと更新頻度上げないとですね。。

    Taka_yaさん、恐れ入ります。。すごすぎます。
    Taka_yaさんに近付けるように、もっといろいろと情報を仕入れていきたいと思います。

    ノアばかりでなく、もっと他の暗号資産や、有益な情報を発信できるように頑張ります!

  • 2Taka_ya Taka_ya

    2020/02/12 11:11

    紹介していただきありがとうございます。

    CP獲得を目指すクリプトメイトの皆様の当面の課題は、クロスエクスチェンジ一辺倒からいかに脱却するかだと思います。
    あっくさんが仰るように、同一サイト内で同じテーマ(キーワード)の記事が複数書かれた場合、Googleが上位表示するのはそのうちの1つである場合が多いです。

    また、同一サイト内でテーマだけではなく文脈までが酷似した記事が多数あると、Googleがそのサイトをマイナス評価をする可能性もあります。

    そのような意味で、皆様が書ける記事のテーマやキーワードを広げ、分散させることが出来るように、新たなジャンルを設ける提案をさせていただきました。

  • 3Taka_ya Taka_ya

    2020/02/12 11:38

    このサイトをただ楽しめれば良いという人はあまり気にしなくても良いと思いますが、本気でCP獲得を目指している方で、記事の書き方について何か質問があればここに書いてください。
    私がわかることは返答させていただきます。

  • 4マツ マツ

    2020/02/12 12:29

    とても有益な記事ありがとうございます!
    そしてTaka_yaさん
    クリプトメイトのためにご自身のノウハウを公開していただき、本当にありがとうございます!
    これからも参考にさせていただきます!
    情報が不足してそうな、それでいてきちんと一定数の分母が確保できる記事...
    自分もがんばります!!
    話題になったけどその後があまりわかっていないICOなんかだと当てはまる事例が色々ありそうですね!

  • 5michikusa michikusa

    2020/02/12 12:34

    記事を書いてCPを獲得しなくても、MATAを獲得してイーサリアムをけっこうもらえちゃってる人もいて、そのほうが簡単な印象もあるので、自分がどちらのイーサリアム獲得コースを選ぶかですね(^^)

  • 6Taka_ya Taka_ya

    2020/02/12 12:46

    >マツさん

    「話題になったけどその後があまりわかっていないICO」
      ↑
    このご意見は大正解だと思います。
    自分が購入したICOに対する不満を持っているホルダーが凄く多いです。
    ただ、どうやってその情報を集めるかが課題ですね。

    検索エンジンのハードユーザーの中には、何らかの不安や悩み事、欲求不満を抱えている人が多いです。
    つまり、自身が抱えている問題を解消するために必死に情報収集をするのです。

    私が書いた「モグ」の記事の場合、「かなり前にICOで購入して、正体不明の取引所に配布されて、ずっとロックが掛かったままになっている。情報も少ないので不安だ」というホルダーたちの心理でGoogle検索によるアクセスが増えていると思われます。
    このように、人々の不安心理を解消することをテーマにした記事には多くのアクセスが集まりやすいと言えます。
    ただ、同じことを狙ったライバルサイトが多いと難しいですけどね。

  • 7Taka_ya Taka_ya

    2020/02/12 13:02

    >michikusaさん

    私自身、テクニックや労力を必要とする記事を書くことよりも、他の人が書いた記事に短いコメントを付けたり毎日ログインをしてMATEを貯めてラッフルに参加した方が楽にイーサリアムを貰えるではないか!という疑問を持ったことが、これまで何度もありました。
    しかし、それは現状ラッフルの当選確率が高いために起きている矛盾であって、これからクリプトメイトのユーザー数が増えてくれば記事を書くことの醍醐味を味わえるに違いないと信じて、私はめげずに記事を書き続けてきました。

  • 8しんちゃん しんちゃん

    2020/02/12 14:11

    勉強になります(^.^)
    タイトルに固有名詞を含むなど、出来ることから実践してみます(^.^)

  • 9あっく あっく

    2020/02/12 15:30

    > Taka_yaさん

    この度は、ご相談させて頂きありがとうございました。
    また、皆さんへのアドバイスまでして下さり、ありがとうございます。

    私からも一点質問させてください。

    一つのテーマについて記事のボリュームが増えそうなとき、
    時間をあけて全編・中編・後編のように別記事として分けて
    投稿したことがあります。

    (例)
    1月 ●●ウォレットの始め方
    2月 ●●ウォレットの運用途中経過
    3月 ●●ウォレットを出金してみた

    3つの記事を書いた方が良いのか、
    最初の記事にどんどん追記していった方がよいのか、
    どちらがGoogleに好まれるかご存知でしょうか?

    この条件だけでは何とも言えないかもしれませんが、、
    昔の記事に情報を追記していくことで、記事が再評価され、
    検索数が増えるなどの効果は期待できますでしょうか?

  • 10Taka_ya Taka_ya

    2020/02/12 16:33

    >あっくさん

    考え方が二つあります。

    一つの考え方は、「●●ウォレット+始め方」「●●ウォレット+運用」「●●ウォレット+出金」といった複合キーワードがそれぞれで検索されやすいかどうか、ということです。
    ロングテール戦略といいます。
    しかし、それほどでもないと判断される場合には、一つのページ内に納めてしまったほうがそのページが内容的に充実した質の高いページと見做される可能性が高くなります。
    また、その3つのページがそれぞれ内容的にオリジナリティに乏しく似通ってしまうような場合にはNGです。内容が似通っていても、とにかくロングテールページをたくさん作ることが有効だった時代もあるのですが、最近はNGになりました。

    もう一つの考え方は、ページを3つに分けても、それぞれのページに盛り込む内容が豊富にある場合には分散したほうが良いということです。
    実は、「同一サイト内で同じキーワードを狙った記事が複数書かれた場合、Googleが上位表示するのはそのうちの1つである」という原則には例外があるのです。

    例えば、私が運営しているサイトの中に取引所トークンを紹介するページがあり、それはプロジェクト全体の概要(提携企業など)を説明するページと、その取引所の特徴や使い方を説明するページに分かれています。
    そのページが、Google検索で同一の単独キーワードで10位以内に両方ともランクされているのです。
    ↓これです
    https://www.google.com/search?q=AIS-X&oq=AIS-X&aqs=chrome..69i57j0l2j69i59j0l4.6222j0j8&sourceid=chrome&ie=UTF-8


    また、「●●ウォレット」だけをテーマにした専門のサイトを作る場合には、1ページだけのサイト(ペラサイト)を作ることは良くないので、ページ数を増やすために項目を分けたほうが良いですね。
    ペラサイトも昔は有効だったのですが、今はNGになりました。

  • 11Taka_ya Taka_ya

    2020/02/12 16:54

    >昔の記事に情報を追記していくことで、記事が再評価され、
    >検索数が増えるなどの効果は期待できますでしょうか?

    期待出来ます。

  • 12マツ マツ

    2020/02/13 00:22

    Taka_yaさん
    どうやって情報収集するかですね!
    「何らかの不安や悩み事、欲求不満を抱えている人が多いです。
    つまり、自身が抱えている問題を解消するために必死に情報収集をするのです。」
    ↑まさに自分のことです(^^;
    ICO後音沙汰ない銘柄など何度検索したことか...
    話題になったICO銘柄調べてみます
    検索してもその後の動きがあまり取り上げられていない案件があったら調べて記事にしてみます!

  • 13あっく あっく

    2020/02/13 07:29

    > Taka_yaさん

    丁寧にありがとうございます。
    他の人のサイトで、狙ったキーワードで2つ10位に入っているページがあり、気になっていたのですが、同様なことがあるのですね。

    とても参考になりました!

  • 14jie1104 jie1104

    2020/02/13 07:32

    なるほどー。
    勉強になります!!

  • 15由希 由希

    2020/02/13 10:44

    頑張って記事を投稿しないといけないですね^^

ログインすると投稿やコメントが行えます。





よく読まれている記事 (過去1週間)



FAQ