▲ 上へ

2020/3/30 12:32 あっく あっく

フローズンドロップで届けられたKickTokenのロック解除方法が判明


2月上旬に、

「キックトークンが無料配布されているかもしれないから、ご自身のイーサリアム・ウォレットを確認してください。」

と呼びかけました。

KickTokenがあなたのウォレットにも届いてるかも?

 

こちらのKick Tokenは、KickExという取引所のマーケティング戦略として行われた無料配布ですが、とてもユニークな特徴を持っています。

 

エアドロップではなくて、フローズンドロップ。

フローズン=凍った状態(ロック状態)

なので、配布されても、解凍(ロック解除)しなければ、利用や売却ができません。

 

実は、2月末に、ロック解除の条件が公開されています。

Frozen KickTokens are getting warmer

 

結構長い英文なので、論点だけ要約すると、

2020年第2四半期にオープン予定の仮想通貨取引所KickExを利用すると、取引量に応じてロック解除される。

例えば、取引手数料で1ドルが支払われると、0.5ドル分がロック解除されて売却などできる。


つまり、KickEx取引所を使いまくらないとロック解除できません・・。

 

先日、しんちゃんさんが主要な仮想通貨取引所の手数料を調べてくださいましたが、

仮想通貨取引所の取引手数料を比較してみました

 

取引手数料の世界相場は、0.2%でした。

 

フローズンドロップで配られた888,888KICKのうち、1,000円分をロック解除して獲得したい場合は、100万円分のトレードをする必要があります。

トレードすると手数料を取られますが、ロック解除によって半分は回収できる、という仕組みですね。

 

取引手数料の割引にすぎなかった・・。

 

そして、ここから先のことは書かれていませんが、

KickRefの紹介プログラムでKICKを獲得していれば、手数料が消費されず、代わりにこちらのKICKが使用されることになるはずです。

つまり、KickRefの紹介プログラムで獲得したKICKトークンも、直接手に渡ることはありません。

KickRefの獲得量が多ければ、取引手数料が掛からなくなり、ロック解除されたKICKを売却して利益を得ることができます。

 

旨味が少なすぎる・・。

 

フリーズンドロップされたすべてのKICKが解凍されると、相当の額になるので、ロック解除の条件はそこそこ厳しいと思っていましたが、厳しいというより、旨味が少なすぎますね。

今年の第1四半期にオープン予定のKickEx取引所がよっぽど魅力的で使い倒したい方にとっては、

 

LIKE-OFF 11

  • 1Taka_ya Taka_ya

    2020/03/05 11:12

    なるほど。
    通常のエアドロップなどとは違って、手数料の割引にすぎなかったのですね。
    ちょと残念です。

  • 2あっく あっく

    2020/03/05 11:29

    > Taka_yaさん

    はい。残念です。
    取引手数料50%割引のようなものです・・。

  • 3マツ マツ

    2020/03/05 12:39

    それは残念でしたね(>_<)
    自分はまず送られてもいませんでしたが(≧∇≦)笑

  • 4あっく あっく

    2020/03/05 16:31

    > マツさん

    はい、残念でした ><
    私、2つのウォレットで当選したので浮かれてたのに・・。

ログインすると投稿やコメントが行えます。





よく読まれている記事 (過去1週間)



FAQ