▲ 上へ

2020/11/30 21:31 Taka_ya Taka_ya

[FIL]ファイルコインの将来性と今後の価格予想

#ファイルコイン #FIL #将来性 #価格予想



時代背景: 現在懸念されているWeb上の様々な問題

 

★データ爆発問題
現在、Web上に存在しているデータ(テキスト、画像、動画など)の量は加速度的に増えており、そのほとんどはアマゾン、グーグル、マイクロソフト、アリババ、アップル、フェイスブックといった上位6社ぐらいの大企業のサーバー内に保管されています。
しかし、まもなくAIや5G、ITOの時代が到来すると、それらはいよいよ限界を迎え新たなストレージ(データの保管場所)の開発が急務であると言われてきました。


★データ管理の中央集権リスク
世界のデータを上位6社が中央集権的に管理している状況では、情報漏洩やハッキングなどのリスクも懸念されます。


★データ管理のコスト問題
データを管理するためには膨大な費用が掛かるため、例えばYouTubeでは動画再生中に頻繁に広告を流すなどの対応で各事業者はその費用を賄っています。


このような問題をすべて解決するのが、ファイルコインプロジェクトの基盤技術であるIPFSです。ファイルコインは時代の強い要請によって誕生しましました。
IPFSは、ひとつのデータを細かいチップ状にして複数のストレージに分散管理します。ストレージを運営する事業者には報酬としてFILトークンが付与されます。
今、IPFS専用のストレージ運営企業や、IPFSを利用した新しいサービスを立ち上げる企業が続々と誕生しつつあります。
IPFS技術とそれと連動したFILトークンの将来性は無限大であると言えるでしょう。



事業を成功させるためのマーケット計画

マーケットメイクと言えば通常は価格を上げるために行うものですが、ファイルコイン(FIL)は上場直後の一定期間、事業体であるプロトコル・ラボ社が価格抑制のマーケットメイクを実施しています。[※公式発表による]
その理由は、この事業はユーザーから大切なデータを預かるプロジェクトであるため、ストレージ運営事業者に対して一定額の担保金をFILトークンで積んでおくことを義務づけているからです。
優秀なストレージ運営事業者がまず出揃わないとプロジェクト自体を進めていくことができません。そのような事業者が担保金を調達するための便宜を図る目的で、しばらくは価格を一定レベルに抑えておく必要があったのです。
その価格は30ドル前後と言われているので、30ドルを超えて下がらなくなってきた時がマーケットメイクが終了した時と考えて良いでしょう。



ファイルコイン(FILトークン) 今後の価格予想
某アナリストは、ファイルコインの価格はプロトコル・ラボ社による価格抑制のマーケットメイクが終了した後、2021年の早い時期には50ドル前後まで上昇し、さらに近い将来には150ドルを目指すと予測しています。



ノーリスクで投資できる配当枚数(採掘量)保証付きのファイルコインマイニングの募集が行われています。
マイナーはプロトコル・ラボ社と技術提供をしてきた信頼ある企業で、他のマイナーよりも高い採掘能力を誇っています。
→詳細はこちらをご覧ください https://holistic-sp.net/index.php?fil


※無料配布情報
ジャスミー(Jasmy) エアドロップ実施中 …ITO技術絡みの日本発の仮想通貨です。


#ファイルコイン #FIL #将来性 #価格予想

LIKE-OFF 4

ログインすると投稿やコメントが行えます。





よく読まれている記事 (過去1週間)

2020/10/17 11:00



FAQ