▲ 上へ

2020/11/28 16:14 Taka_ya Taka_ya

新型コロナを無害化するお茶の成分はカテキンよりもファイトケミカル?

#新型コロナウイルス #新型コロナ #無害化 #奈良県立医科大学 #カテキン #ファイトケミカル



奈良県立医科大学の矢野寿一教授らの研究グループが、お茶に新型コロナウイルスを無害化する効果があることを発表しました。
研究では茶葉を煮出した紅茶が最も効果が高かったとのこと。
しかし、ネット上では、イギリス人は紅茶をよく飲んでいるのになぜ感染者が多いんだ?という意見もあります。


お茶に含まれる抗酸化作用のある成分としてカテキンがクローズアップされていますが、カテキンならば紅茶よりも緑茶のほうが含有量が多いはず。
もしかしたら、カテキンよりもファイトケミカルが重要だったのかもしれません。
植物のファイトケミカルは通常セルロースで固められているので生野菜サラダを食べてもあまり摂取出来ず、よく過熱することで溶け出してきて効率的に摂取することが出来ます。
そういう意味で、お茶はティーパックよりも煎ったり煮出したりして飲むことがおすすめです。

だから、ティーパックの紅茶をよく飲むイギリス人よりも、野菜の煮物を食べたり野菜入りのみそ汁を飲む日本人のほうが感染者が少ないのかもしれませんね。


関連記事
ハーブ療法とは自然治癒力を高めること
https://www.hemp.jp/index.php?nutrition_01

 

 



#新型コロナウイルス #新型コロナ #無害化 #奈良県立医科大学 #カテキン #ファイトケミカル

LIKE-OFF 3

ログインすると投稿やコメントが行えます。





よく読まれている記事 (過去1週間)



FAQ