▲ 上へ

2021/4/2 01:16 デュランダル デュランダル

2021年のふるさと納税に向けて(第一回)


今年もすでに4月になりましたので、私はふるさと納税をどこにしようか検討をはじめました。

みなさん、ふるさと納税やってますか?

ーーー

ふるさと納税とは、

あなたが応援したい自治体に寄付ができる仕組みのことです。ふるさと納税の寄付金は税金の還付・控除が受けられます。手続きをすると、最終的な実質自己負担額は2,000円のみ!!さらにお礼品として、自治体から特産品や宿泊券などをもらえる、とてもうれしい制度です。

(某ふるさと納税サイトより引用)

ここも見ておくと良いです↓

■ふるさとチョイス(そもそもふるさと納税って何?)

https://www.furusato-tax.jp/lp/debut/?header_guide

ーーー

この部分だけ聞くと、とてもお得な感じがしますね・・・

どうせ住民税をとられるなら、ふるさと納税しておけば+2000円の投資で、いろいろな返礼品(肉、果物、米、家電等)をもらったほうがお得だよねーってことです。

でも注意点があります。注意さえすればお得なことが待っています!

①先に、ふるさと納税する必要があります(通販でお金を払うみたいな感じ)、持ち出しのお金やお金に相当するポイント等(楽天ポイントなど)が必要。あとで税金の控除として給与明細上とかで精算されます。専業主婦のへそくりには向いていないかもしれません。

②各ご家庭で、世帯の年収のばらつきやローンを組まれてたりとか、いろいろ条件が違うため、ふるさと納税の控除上限金額(=ふるさと納税しても良い金額)がばらばらです。世帯の年収等は、各ご家庭のプライベートな情報なので、相談もしにくいので、ご自身で確認する必要があります。

そんなときは楽天市場のWEBで調べてみましょう・・・複雑なんですよ、実は。

■楽天ふるさと納税・詳細シミュレータ

https://event.rakuten.co.jp/furusato/mypage/deduction-details/?l-id=furusato_pc_mypage_deductions_navi_details

※控除上限金額を超えてふるさと納税してしまうと自己負担額が増えてお得な控除が目減りしてしまいます。

一応、目安があるのでこっちを先に見ると安心できるかもしれません。

■楽天ふるさと納税・控除上限金額の目安

https://event.rakuten.co.jp/furusato/guide/simulation.html?l-id=furusato_pc_mypage_deductions_navi_simulation

大体の控除上限金額(=ふるさと納税しても良い金額)がわかったら、ふるさと納税で何が返礼品としてもらえるか、いろいろ見てみると楽しくなると思います。

私は楽天ポイントをよく貯めているので、楽天ポイントが使用できる(または楽天ペイ払いできる)

以下の2つのふるさと納税サイトをよく眺めています。

無料閲覧可能ですし、急いで登録(無料ですが)する必要もありません、

ほしいものが見つかったら登録すれば良いと思います。

■ふるさとチョイス(人気ランキングページ)

https://www.furusato-tax.jp/rank?header

■楽天ふるさと納税(人気ランキングページ)

https://event.rakuten.co.jp/furusato/ranking/all.html?l-id=furusato_pc_top_headmenu_ranking

(第2回につづく)

 

LIKE-OFF 3

ログインすると投稿やコメントが行えます。





よく読まれている記事 (過去1週間)



FAQ