▲ 上へ

2021/11/14 15:33 Taka_ya Taka_ya

配布時期はいつ? スパークトークン保有者にソングバードトークン(SGB)をエアドロップ

#スパークトークン #Spark #ソングバードトークン #SGB #配布 #エアドロップ


スパークトークン(Spark)は、2020年12月12日にリップルを保有していた人に付与されることが決まっていますが、そのスパークトークン保有者にソングバードトークン(SGB)がエアドロップ(無料配布)されることになりました。
スパークトークンの配布日は延期されており、現在の公式発表によると2021年9月の予定となっています。ただし、その時期に1度にすべて配布されるのではなく、25~34カ月という長期間に渡って分割配布されます。



スパークトークンはXRPのリップルネットワークをサポートするネットワークで使われる仮想通貨ですが、ソングバードトークンはカナリアネットワーク上で使われる仮想通貨です。
カナリアネットワークとは、フレアネットワークをサポートするネットワークです。


では、ソングバードトークンはいつ配布されるのか?ということですが、

コインポストの記事によると、
「ソングバードの独自トークンSGBは、スパークトークン(FLR)のエアドロップ対象となっていた者に対して一回配布される予定だ。発表によると、FLR配布のためのスナップショットの時点で保有していた1XRPにつき、0.1511SGBが割り当てられることになるという。」と記載されています。

取引所で昨年12月のスナップショットに参加しスパークトークンを付与される権利を持っている人に対して、ソングバードが2021年9月以降に自動的に配布されるという見方が強いようです。



 

 

 

 

 


#スパークトークン #Spark #ソングバードトークン #SGB #配布 #エアドロップ

 

 

LIKE-OFF 2

ログインすると投稿やコメントが行えます。





よく読まれている記事 (過去1週間)



FAQ